2018年04月20日

シリーズ 分譲地トラブル@

福野地域の分譲地ブーム 
ここ5年ほどで100区画以上の土地が分譲地として売りに出されました。
アパートに関しては知ってるだけでも3年で5棟100室ほどですかね。


ど、どうした福野!!?


分譲地のメリットは多くありますが、それは分譲した不動産会社や住宅会社でいっぱーい聞かせてくれるので、性格の悪い私からは教えてくれないデメリットや気をつけることをご紹介。
南砺市になるべく特化していこうと思います。


長くなることがわかったので、シリーズにしてみたけど何回で終われるかな
とりあえず第1回では物理的なトラブルからはじめます。


「屋根からの落雪」

内 容:落雪が隣家の壁まで届いて窓ガラスを割ってしまった。また落雪の飛距離がかなり離れた車や人にまで被害を与えることもあります。
実はこれ、最近多くなり始めたトラブルなんです。


原因1:太陽光パネルの設置によって雪の飛距離が伸びたこと
    (さらに屋根の雪止めの無効化)

原因2:隣地の境界のギリギリまで建てる住宅会社が増えたこと
    法律上、隣家の距離規定は雪のことを考慮されていない
    デザインや過去の建築実例を当てはめてるだけだったりで隣家を見てない


対 策:住宅会社との相談時に隣家の形状を現地で確認してもらう。
    自分の家と隣家との距離の根拠を教えてもらう。
    「隣は田んぼや川だから大丈夫」なんて説明は
もちろんアウトです。
   

これね、正直言うと後から建てる人が不利になるんです。
もしくは土地の販売後にせーの!で何棟も建てるもんだから住宅会社も隣家の形が分かってないんですよね
建てる前に確認の電話するとかね、倫理的なものと言えばそれまでですが・・・

あぁぁぁ
第1回でこの長文。すみませんすみません

でもほんとしょっちゅう話題に出るんです。
少しでも参考になれば


★☆★☆★☆★☆★☆★☆
「おうち」を建てるだけじゃない!
「おうち」に関わる全てを
ワンストップでアドバイス
★☆★☆★☆★☆★☆★☆

posted by 神能工務店スタッフ at 18:00| 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月06日

フラット35のリニューアル

住宅ローンといえば雑誌やネットで必ず見かけるのが「フラット35」
お使いの方もいらっしゃるのではないでしょうか
(北陸地域ではあんまりいないかな?)
ちなみにフラット35とは→独立行政法人である住宅金融支援機構…うんたらかんたら
まぁ昔は国の管轄だったけど、今は半官半民な組織とでも思ってください。

そのフラット35がリニューアルしてるのでご紹介
変更前→団信は別途加入
変更後→団信こみのローン商品へ
(「団信」については過去ブログhttp://jinnou-k.seesaa.net/article/416849769.html


<メリット>
今まで分かりにくかった金融機関との金利の比較がしやすくなりましたね。
団信の保険料の年1回の支払いもなくなって手間も減ります。
保証内容も以前よりパワーアップしてて安心できますね。

<デメリット>
非常に稀ですが団信がいらないという人には強制加入なので不利といえるかもしれません。その他のデメリットはあんまりないかなー
申し込みには様々な建築条件があって住宅価格のあがったりするのは以前からですね。
手続きがちょっと手間だってのもなかなか改善されず。

私の接客を受けた方にはよくご案内してますが、住宅ローンにそれほど時間を割く必要はありません

住宅ローンの順番は、土地 → 住宅会社 → 住宅ローンです。
住宅会社か不動産屋でローンの話が必ず出るので、その場で教えてもらえば
一手間を減らすことができて楽ちんですね




★☆★☆★☆★☆★☆★☆
「おうち」を建てるだけじゃない!
「おうち」に関わる全てを
ワンストップでアドバイス
★☆★☆★☆★☆★☆★☆

posted by 神能工務店スタッフ at 12:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする