2018年05月11日

シリーズ 分譲地トラブルB

福野分譲地ブーム
分譲地のメリットは不動産屋・住宅会社がいっぱい教えてくれるので、
デメリットをこっそり紹介

シリーズ第3回(最終回)
「土地の制約の多さ、複雑さ」です。

福野の近年の分譲地は少ないところでは4区画、多いところでは40区画と様々です。新規の分譲地では一斉に建築が始まるため自分勝手な建て方をされると大きなトラブルとなります。そこであらかじめ一定の制約ルールを設け、規律ある住宅建築や快適な生活を実現しようとします。

うーん、なんのこっちゃって感じですね
では制約やルールの具体例を出しましょー
注意:例であり、必ず制約がつくわけではありません)

・都市計画による建築面積の限度
・景観条例等による家の外観規定
・隣接地との距離
・雪の処理
・住宅間のプライバシー配慮
・ペット制限
・住宅会社の指定
などなど。あげればキリがありません。

またお金に関する制約やルールにも下記のようなものがあります。
・土地本体の価格以外の費用(上下水道の加入金、入村料、地区会費、万雑)、


対 策:
1.「重要事項説明書」を見る
2.住宅会社に調べてもらう

おや?見慣れない言葉がありますね。「重要事項説明書」とは何ぞや??
これは土地の売買をするときに不動産会社がいる場合には売買契約書とともに交付される書類です。そう、「重要」な「事項」を「説明」している書類です。

まんま。
略してJJSです。うそです。そんな略称ありません

不動産会社はこの重要事項説明書を説明する法的な義務があり、まちがった記載や説明をすると罰せられます。
ですが、契約の直前だったり、慣れない言葉のオンパレードでついつい軽く聞き流すと後々大変なことになってしまいます。

特に土地を先に購入し、何年かあとに住宅を建てようと考えている方は要注意です
考え方や家族構成の変化などで、土地購入時には気にならなかった制約が理想の家づくりに影響を及ぼすかもしれません。
よーく不動産会社の説明を聞いて、なんでも質問しスミにメモをとりましょう
私がいつも言うことですが、何十年後に見返した時に理解できる仕組みを整えておきましょう

さて、全3回でお送りしました「シリーズ分譲地トラブル」ですが、第3回でなんとか言いたいことは書いたかと思います。もちろんまだまだデメリットはあるのですが、福野の分譲地といえばやはり「雪」です。避けられるトラブルのもとなのでぜひ分譲地購入の際には不動産会社・住宅会社に確認してください。

それでは


★☆★☆★☆★☆★☆★☆
「おうち」を建てるだけじゃない!
「おうち」に関わる全てを
ワンストップでアドバイス
★☆★☆★☆★☆★☆★☆
posted by 神能工務店スタッフ at 12:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする